そんなあなたに必見!私がたった90分で、そのお悩みを解決致します!

現役の不動産投資家で、配偶者の連帯保証人なしで総額10億円の融資を受けた実績をもとに、配偶者の連帯保証なしで融資を受ける方法を伝授します!
金融機関から融資を上手に受けて、不動産年収1億円超えを目指してみませんか?

下記は私の実際に融資を受けた金額の実績になります。

平成19年12月 RC区分所有マンション 融資金額 6000万円
平成20年03月 RC区分所有マンション 融資金額 300万円
平成20年07月 RC1棟マンション 融資金額 1億3000万円
平成21年09月 RC1棟マンション 融資金額 1億7200万円
平成21年10月 RC1棟マンション 融資金額 6000万円
平成22年04月 リフォームローン 融資金額 1600万円
平成22年07月 RC1棟マンション 融資金額 2億5000万円
平成22年09月 RC1棟マンション借換え 融資金額 1億7000万円
平成22年12月 運転資金ローン 融資金額 500万円
平成23年06月 鉄骨造戸建 融資金額 1億5000万円
平成23年06月 諸費用ローン 融資金額 800万円
平成24年04月 RC1棟マンション 融資金額 5000万円
平成24年06月 リフォームローン 融資金額 600万円
平成24年10月 RC1棟マンション 融資金額 3000万円
平成24年11月 RC1棟マンション 融資金額 9500万円

この教材で学ぶことにより、配偶者から連帯保証に反対されたあなたも不動産投資をすることが可能となります。

さらに、元不動産投資ファンドの財務担当取締役として、400億円のリファイナンスを成功させ、プロの不動産融資のマーケット状況を知り尽くした男が語る不動産融資の金融機関との交渉術を解説。

この教材で、配偶者の連帯保証なしの不動産に対する融資を理解することができ、あなたの不動産投資活動の拡大に向けて、大きく前進することができます。

その方法を知りたいと思いませんか?

私は、約5年前に不動産投資を始め、その後、不動産投資活動を継続し、現在の不動産投資総額は約10億円になり、年間家賃年収は1億円を超えます。

元不動産投資ファンドの財務担当取締役として、400億円のリファイナンスの実績など不動産に対する融資に精通し、金融機関との様々な交渉の経験を有します。

これらの不動産に対する融資の経験と実績をもとに、自らの不動産投資家としての視点を生かして、この教材を作成しております。

おかげさまで、収益不動産サイトの健美家の人気ブログランキングで1位を獲得し、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

金融機関から配偶者の連帯保証人を要求されているが、配偶者の連帯保証の承諾を得ることができないため、収益不動産を追加購入できずに悩んでいる人が

あまりにも多いからです!

そして、この教材により、配偶者の連帯保証がなくても不動産の融資を受けることができる”という事実を知ってもらい、収益不動産を追加購入し、あなたの不動産投資の目標を達成し、あなたの好きなライフスタイルの実現を目指し、快適な人生を送っていただくためです。

“でも、結局、難しくて、わかりにくいんでしょ。”という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

私がよく聞く悩みは、下記のようなものです。

配偶者が不動産投資に対して協力的でない。

配偶者が不動産投資のための多額の借入を理解できない。

配偶者が連帯保証人になってくれないため、金融機関から融資を受けることができない。

つまり、一般的に、

配偶者の連帯保証を得ることができなければ、金融機関からの融資を受けることができない。そのため、収益不動産の追加購入をすることができない。”

とされてきました。

実は、私は以前に1棟マンションを購入する際に、難なく融資の内定を得ることができました。しかし、金融機関から配偶者の連帯保証人を要求されました。その際、私は、交渉によりなんとかなるだろう、最終的には金融機関が譲歩して融資を実行してくれるだろうと信じていました。

しかし、配偶者の連帯保証人がなければ、融資は実行できない。例外は一切認められないとのことでした。そのとき、私は、売主との売買契約書に既に署名、捺印をしておりましたので、契約をキャンセルする場合には、違約金の発生を迫られました。

その後、私は、
1件、1件、金融機関に相談し、連帯保証人なしが条件で融資を受けることが可能かどうかを確認していきました。

配偶者の連帯保証人が要求されるかどうかの条件に加えて、物件所在地域に融資対象となるかどうか、融資金額と自己資金の比率、法人に対する融資は可能かどうか、金利水準、などの条件も確認していきました。

ほとんどの場合、配偶者の連帯保証を要求され、連帯保証なしでは、融資は難しいとのことでした。

そして、私は
本人は不動産投資を実践する能力があるにもかかわらず、配偶者の協力が得られないというだけで不動産投資の目標をあきらめてしまうのは、非常に悔しいと感じ、配偶者の連帯保証人なしで融資を受ける方法を紹介することができるのではないか?“という課題を掲げ、不動産投資開始から5年間構想を練り続けました。

1件、1件、金融機関の担当者との会話の中で、私は連帯保証人を要求されないいくつかのパターンを発見しました。

そしてついに、実際に金融機関から配偶者の連帯保証人なしで総額10億円の融資を受けた方法をまとめ、融資攻略法を体系化しました。

その瞬間は、“これだ!これなら、配偶者が協力してくれなくても、収益不動産を追加購入し、不動産投資活動を拡大することができる。”
と感動したことを覚えています。
この方法であれば、配偶者の連帯保証人なしで金融機関から融資を受ける方法を知ることができる。

そして、私が実際に行った配偶者の連帯保証人なしで総額10億円の融資を受けた方法を紹介します。

更に、元不動産投資ファンドの財務担当取締役による不動産融資の交渉の方法を知ることができるのです。

しかも、この方法は、再現性があります。

もし、あなたが次のうち1つでも思い当るフシがあるとしたならば、必ずやお役に立つことができると思います。配偶者の連帯保証人の要求で苦労している人は少なくありません。

  • 配偶者が連帯保証人になってくれない。
  • 配偶者が不動産投資のための多額の借入を理解してくれない。
  • 配偶者が不動産投資に対して協力してくれない。
  • 配偶者は、連帯保証人になるなら、不動産投資を反対している。
  • 融資の内定を得たけれども、連帯保証人を要求され困っている。
  • 金融機関から配偶者の連帯保証人を要求されたが、配偶者から断られた。
  • 配偶者の連帯保証は例外的な取り扱いが難しい。
  • 配偶者が連帯保証人を了承しないため、融資を受けることができない。
  • 配偶者の連帯保証人が不可のため、金融機関からの融資を断念した。
  • 連帯保証人を得られないという理由で、不動産投資をあきらめたくない。
  • 連帯保証人を免除してもらう方法を知りたい。
  • 連帯保証人を要求しない金融機関を知りたい。
  • 独身で連帯保証人がいなくて困っている。
  • マンション1棟購入したけれども、その後、融資を受けることができない。
  • 1棟マンションを2,3棟追加購入したい。
  • RC1棟マンションを購入するには、連帯保証人は必ず必要ですか。
  • 金融機関との融資の交渉の方法がわからない。
  • 金融機関の融資のプロセスを知りたい。
  • 金融機関別の不動産融資の特徴を知りたい。
  • 金融機関から融資をするに値する人と思われるようになりたい。
  • 不動産投資の実践者から借入のコツをおしえてもらいたい。
  • 不動産融資のマーケットの状況を知りたい。
  • サラリーマンをリタイアして、経済的自由を手にしたい。
  • 不動産投資の成功により、自分の好きなライフスタイルを実現させたい。
  • 実際に配偶者の連帯保証なしで総額10億円を借り入れた方法を知りたい。
  • 不動産投資ファンドの財務担当取締役の不動産融資の交渉方法を知りたい。

“金融機関からの融資を制する者は、不動産投資を制す”という言葉があります。金融機関から融資を受けることができなければ、不動産を購入することができないため、不動産投資活動を継続することができません。

そして、悩んでいるだけでは、何も始まりません。一歩を踏み出し、自分で判断して、自分の人生を切り開いていく必要があります。

私は、これまでに約1000件程度の物件の融資の相談を金融機関としてきた経験があります。ほとんどの場合、希望の金額の融資を受けることができませんでした。

しかし、その経験がとても貴重な経験になりました。どういう条件であれば、融資の内諾を得られる可能性が高いのかという感覚を得ることができました。そして、これらの経験を生かして、融資の内諾へと結びつけていきました。

この経験と実績に基づきまとめた内容を学ぶことにより、金融機関からの融資攻略法を理解することができ、融資を受ける確率が高まることになります。

そして、あなたの不動産投資の成功に大きく貢献することになると思います。

また、金融機関から融資を受ける場合、同じ物件に対する融資で、同じ金融機関であっても支店によって融資の結果は異なる場合があります。

更に、同じ物件に対する融資であっても、担当者によって融資の結果は異なる場合さえあります。

驚くことに、同じ物件に対する融資で、相談の仕方やタイミングによっても融資の結果が異なることさえあるのです。

私は、過去の多くの経験や実績から、どうすれば効果的に融資に結び付ければよいかを理解しており、この教材で解説しています。

私は、不動産投資総額10億円の現役の不動産投資家で、常に投資家の目線から融資について考えており、不動産投資家としてポイントを得た欲しい情報、必要な情報を提供するので、あなたは心配する必要はありません。

そして、元不動産投資ファンドの財務担当取締役として、金融機関との不動産に対する融資の交渉についても解説しております。

不動産投資ファンドのプロのマーケットの融資状況と自らの借入の実績と経験を考慮して解説した不動産融資の教材は今までにありません。

この教材により、融資を1回でも受けることに成功すれば、教材の費用は容易に回収することが可能です。

もし、あなたが既婚者で配偶者の連帯保証人なしで、不動産投資を継続したいのであれば、早い段階この教材で学ぶことをお勧めします。

金融機関の融資状況は刻々と変化していきます。

タイミングを逃すと、せっかくのチャンスを失ってしまうかもしれません。

また、本教材の内容は、秘匿性の高い内容になっており、情報が流出したことが発覚した段階で、販売を停止します。従って、早めに検討することをお勧めします。

配偶者の連帯保証人が得られないからといって融資を受けるのをあきらめていても、あなたの不動産投資活動は前に進みません。そして、実践しないのであれば、全く意味がありません。

この教材で、配偶者の連帯保証なしで融資を受ける方法を理解し、実際に金融機関から融資を受けて、あなたの不動産投資の実践のサポートになると信じております。

教材の一部を紹介すると、

総額10億円の借入実績の解説

不動産購入時等の融資の実績をそれぞれ解説。融資実行時の状況、融資を受けた金融機関の特徴を解説。

金融機関別の融資の特徴

金融機関別の融資の特徴を紹介します。この特徴を理解し、あなたの今後の不動産に対する融資の受け方に役立ててください。

配偶者の連帯保証人なしで融資可能な金融機関

配偶者の連帯保証なしで融資可能な金融機関を紹介。

連帯保証人を免除してもらった方法

ある方法を利用して連帯保証人を免除してもらった方法を紹介。

マーケットの融資状況

現在の融資状況をマーケット全体の観点から解説。

融資攻略法

現在のマーケットの状況、金融機関別の融資の特徴を考慮し、今後の融資の攻略方法を解説しています。

最初に融資を受けるべき金融機関。

最初に融資を受けるべき金融機関のアプローチを解説。具体的な方法がわかります。

不動産投資ファンド財務担当取締役流融資交渉術

元不動産投資ファンドの財務担当取締役流の融資交渉術を伝授します。他の不動産投資家に差をつける、あなたの不動産投資の融資戦略に大きなプラスになるでしょう。

融資額の増額交渉

こんな交渉の仕方もあるのです。融資金額の増額交渉の方法を紹介します。

金利引き下げ交渉

金利引き下げ交渉をする場合の注意点を解説します。

他の金融機関への借換え交渉

他の金融機関に借り換える場合の交渉の注意点を解説します。

個人から法人への借換え

個人から法人へ借換えをする場合の注意点を解説します。

借換えをしてしまった金融機関への対処法

個人から法人へ借換えをしてしまった後、その金融機関から再び融資を受けることができるのか。対処法を解説します。

法人が物件の所有者となる場合の方法

法人が物件の所有者となる場合の方法を解説。

売買契約をキャンセルした場合の対処方法

既に売買契約を締結し、契約をキャンセルする場合、違約金が発生しますが、違約金を支払わずに済む対処方法を紹介しています。

もちろんこれで全てではありません・・・。この教材により、あなたは、実際、不動産の融資に関する考え方を理解することができ、あなたの不動産投資の実践において大きく寄与できることと信じています。

もし、あなたがこのノウハウを知ることができたなら、融資を受けて不動産を購入し、どれほどの収益獲得の機会を得ることができるでしょうか。

そして、どれだけの自分の時間を節約することができるでしょうか。

私が経験した借入の実績を体系的にまとめてあるので、回り道をせずに融資の実行に結びつけられることと思います。

あなたがこの教材を利用する3つの理由

実際に配偶者の連帯保証人なしで総額10億円を借入れた方法を知ることができる。

私が実際に配偶者の連帯保証人なしで総額10億円を借入れた方法をわかりやすく解説しています。融資実行時の状況、融資を受けた金融機関の特徴を解説しています。

元不動産投資ファンドの財務担当取締役流の融資の交渉方法を知ることができる。

元不動産投資ファンドの財務担当取締役流の融資の交渉方法を伝授します。さまざまな交渉の方法を解説しています。

今後の融資攻略法を知ることができる。

不動産融資事情を知り尽くした男が語る融資攻略法を解説します。これを知れば、あなたの不動産投資の融資戦略は大きく前進することと思います。

でもこの教材は高そうだな…教材が高いかどうかは、あなた次第です。

もし、この教材を購入して、不動産に対する融資を受けることができ、不動産投資を実践することができれば、教材の費用を回収することは簡単です。

私が実際に金融機関との融資の相談などに費やした時間的コストを換算すると数千万円に相当することになります。

このノウハウを一般に公開するのは正直なところ悩みました。

しかし、私がこの教材を作成した基本コンセプトは、不動産投資を始めたけれども、配偶者の連帯保証が得られないという理由で不動産投資を実践できないという、実力とは関係ないハンディを取り除きたい、という思いでつくりました。

私自身も、配偶者の連帯保証人の課題にはとても苦労しました。金融機関からは、常に配偶者の連帯保証を要求され、その都度、融資をあきらめていました。同様の苦労をしている不動産投資家に少しでもお役に立ちたい。そして、できるだけ多くの人に手にしてほしいという願いから、29,800円という価格を設定させて頂きました。

総額10億円の融資を受けた方法

配偶者の協力を得られなくて困っているあなたは、是非一度、試してみてください。

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。その場合は恐れ入りますが、再度ご注文ボタンをクリックしてくださいますようよろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム

※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。

金融機関別の融資条件サマリー

金融機関別の融資条件をわかりやすくまとめました。あなたの融資対策に活用してください。

無料メール相談を受ける権利(5回分)

融資に関して、購入から30日間限定の無料メール相談を提供します。教材でわからないことがあってもこれでバッチリですね。無料メール相談による質問する権利を5回分差し上げます。教材でわからなかった点などを質問して疑問点を解決し、理解を深めて頂ければと思います。

購入者限定の有料相談を受ける権利

継続的に不動産の融資の受け方による相談をしたいという方のために、有料コンサルを提供しております。月額50,000円で提供しております。あなたの不動産投資の成功に向けてご活用ください。

もしあなたが、配偶者から連帯保証人を断られたにもかかわらず、不動産投資をあきらめずに実践したいと思っているならば、今すぐここをクリック!

よくあるご質問

でも、結局ほかの教材や書籍と同じように内容が難しく、理解しにくいんじゃないの?

という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。
現役の不動産投資家であり、実際の経験を基に体系的にわかりやすく解説しています。

借入をする場合、連帯保証人は必須と聞いたことがありますが、大丈夫でしょうか。

この教材は、そんな不動産投資家を対象にしています。この教材で解説されている方法を知れば、不動産の借入で連帯保証人なしで行うことが可能なことを理解することができます。そして、あなたの不動産投資活動に大きな前進になることでしょう。

同じ不動産に対する融資であっても、金融機関によって結果が異なる場合があるという事をきいたことがあります。本当でしょうか。

本当です。金融機関によって結果はまったく異なるのみでなく、同じ金融機関であっても、融資担当者によっても結果が異なる場合があることさえあります。

また、時期によっても結果が異なる場合もあり、融資の相談は非常に敏感な場合もあります。

あまり語られることのない融資について、ポイントをとてもわかりやすく解説しました。これで、あなたの不動産投資活動の強い味方になるでしょう。

教材でわからないことがある場合は、どうなりますか。

購入から30日間限定の無料メール相談で対応します。どしどし質問して理解を深めてください。

定期的に相談を継続したい場合には、どうすればよいですか。 

定期的に相談をしたいという上級者の方のために有料コンサルティングを提供します。有料コンサルティングは月額5万円で相談を受ける権利です。

もしあなたが、配偶者の連帯保証人なしで、不動産に対する融資の方法が知りたいのであれば、今すぐクリック。

どうやってあなたが、連帯保証人なしで効率的に不動産の融資を受けることができるでしょうか。 私は、自ら1件、1件、金融機関に連絡し、融資の案件を相談し、断られ続けました。その失敗と成功のノウハウがぎっしり詰まっているので、効率的に実践できると信じております。

たった29,800円で、現役の不動産投資家で、実際に10億円を借り入れた方法を知ることができてしまうなんて。

元不動産投資ファンドの財務担当取締役による金融機関との不動産融資の交渉テクニックについて知りたくありませんか。

あきらめないでください。連帯保証人がなくても融資を受けることは可能です。あなたの不動産投資活動に貢献すると思います。

融資を制する者は不動産投資を制します。融資を受けることができなければ、収益不動産を購入することができず、不動産投資を始めることはできません。融資の受け方を理解して、あなたの不動産投資を成功させてみませんか。

この教材で学習することによりあまり明かされることがない不動産の融資の受け方がクリアーになり、連帯保証人なしで受ける方法を知ることができます。

連帯保証人なしで融資を受けることができたため、不動産投資活動が実践できました。この方法を知りたくありませんか。

私に90分ください。そうすれば、連帯保証人なしで不動産の融資を効果的に受けるテクニックを伝授します。

現役の不動産投資家が、連帯保証人なしで不動産融資の受け方をわかりやすく解説。詳しくは、今すぐここをクリック!

最後に喜びの声をお聞きください。

配偶者の連帯保証を得ることができなかったので、不動産投資をあきらめかけていました。しかし、この教材と出会い、連帯保証人なしで融資を受けることができ、不動産投資を実践することができて、本当に感謝しています。

今まで、不動産業者さんから、既婚者が不動産の融資を受ける場合には、配偶者の連帯保証人が必要ですよと言われ続け、奥さんは借入の連帯保証には拒絶反応を示し、あきらめようと思っていました。しかし、配偶者の連帯保証人なしで融資を受ける方法があることを理解でき、大変勉強になりました。これから、融資を受けるべく頑張ります!

一連の流れが大変わかりやすく構成されており、あまり明らかにされていない不動産の融資について、よく理解することができました。これからの不動産投資活動が楽しみです。

私もサラリーマン大家で、連帯保証人なしで不動産の融資を受けるには限界を感じておりました。しかし、この教材に出会い、いろいろな方法があることがわかり、この方法を利用して融資を受け、資産の拡大を目指したいと思っております。

不動産の融資について、金融機関との交渉の方法を知りたいという方は、今すぐお申込みください!

閉じる

メルマガ登録フォーム 総額10億円の融資を受けた方法
姓名* (姓)   (名)
メールアドレス*